低体温のことがよくわかるサイト

はじめに


まずは低体温って何?というところから始めましょう。
低体温は2つの種類にわかれるのですが、タイプ別の症状について記述し、それぞれの症状に合った対処法も載せているので参考にしてください。改善していくためには、自分がどちらのタイプなのかを知っておくことも大切です。

はじめにエントリー一覧

低体温の人の平熱は何度?
低体温の人は平熱が低い!突然ですが、みなさんは自分の平熱が何度かご存知でしょうか?「37度以上だと“熱がある”ってことだから…36度くらいじゃないのかな?」と答える方が多いのではないかと思います。しかし!全ての人の平熱が36度なのかといえば、決してそうではありません。子供の平熱は高めですし、お年寄りの平熱は低め。また、人によっても平熱が違っているのです。とはいえ、平熱が低いのは身体にとって、非常にリスキー!体温が1度下がると免疫力が30%低くなるともいわれ、病気にかかりやすくなってしまいます。ま...
低体温と低体温症の違い
低体温症とは?健康な人間の平熱は36.5度〜37.1度と言われていますが、最近は「平熱が35度台」という低体温の方も増えているようです。低体温になると、風邪を引きやすかったり太りやすくなったりと様々な弊害が表れてきます。「もしかして私って低体温!?」と思い当たる節がある方は、一度ご自分の平熱を測定してみると良いでしょう。ところで、ネットで低体温について調べてみると、よく目にするのが“低体温症”という言葉。一体、低体温とどう違うのでしょうか?低体温症とは、私たち人間のような“恒温動物”が、寒冷状態...
低体温と冷え性の違い
冷え性=低体温とは限らない? 通常は約37度であるべき体温が、35度台になってしまう症状を低体温といいます。…このように言うと、「じゃあ、手足がいつも冷たい私は低体温ってことなのかな?」と不安になる方も多いでしょう。しかし、冷え性だからといって低体温であるとは限りません。冷え性とは、身体の中心部の体温そのものは低くなっていないのに、手足の先など“末端”の血行が悪い状態のこと。低体温というよりは、低血圧と関わりがある症状なんです。一般的に、「男性よりも女性のほうが冷え性になりやすい」というイメー...
低体温は朝が辛い…
なかなか起きられない…。そんなあなたは低体温!?私、低血圧だから朝が弱いんです」という方、多いですよね。しかし、低血圧と同様、低体温にも寝起きが辛いという症状がみられるんです。低体温とは、平熱が36度を下回る症状のこと。私たちの体温は、脳内の“視床下部”という司令塔からの指令でコントロールされていますが、低体温の人はこの機能がうまく働かなくなっているんです。健康な人であれば、朝起きれば視床下部の働きに伴って交感神経が活性化しますが、低体温の人はなかなか活性化しません。このため、朝起きるのが辛くな...