低体温のことがよくわかるサイト

低体温の改善(実践編)


低体温の具体例を解説しています。運動、食事、お風呂、ツボ、ストレッチなど方法がたくさんありますのでご自分にあった方法で低体温を改善しましょう!無理なく続けられることが大切です。ぜひ日常生活に取り入れてください。効果が表れにくい方のために病院の受診についても解説しています。

低体温の改善(実践編)エントリー一覧

低体温に効果的なレシピ
生姜を活用して低体温を改善する “身体を温める食材”と言えば、みなさんはどんな食べ物を思い浮かべるでしょうか?にんにく?唐辛子?ネギ?…おそらくご存知の方も多いと思いますが、身体を温める作用で有名な食材と言えば、やっぱり“生姜”!普段は薬味に使う程度かもしれませんが、実は、低体温の改善になくてはならない食材なんです。身体を温め、余分な水分の代謝を促進してくれますので、低体温を改善できるばかりではなく気になる“むくみ”も解消することができますよ♪ここでは、生姜を使ったポカポカレシピをご紹介しまし...
トレーニングで低体温を克服せよ!
スロトレで脂肪を分解☆ エアコンに頼りきりで自律神経の機能が低下し、自分の力で体温を維持するのが難しくなりつつある現代人。みなさんの周りにもいませんか?「平熱が36℃以下」という“低体温”の症状に悩まされている人…。しかし、低体温は毎日のトレーニングで予防・改善することが可能です。低体温の改善に効果があるとされているトレーニング方法の一つが、“ストロレ”。雑誌やテレビなどで注目されている、今話題のエクササイズ法です。ストロレのポイントは、筋肉の緊張を保ったままにするという点。筋肉を収縮させた状...
お風呂で低体温を改善しよう
低体温改善に効果的な入浴のポイント みなさんは、シャワー派ですか?バスタブ派ですか?「シャワー派」と答えたあなた!「手足が冷えやすい」「体温が低くて、いつも寒い」といった不調でお悩みではないでしょうか?最近は、「平熱が35℃台」という“低体温”の方が増えていると言われていますが、これは入浴法にも問題があるのかもしれません。お風呂に入ることは、低体温を改善する上で非常に効果的です。…とはいえ、単にお風呂に入るだけでは効果は半減!低体温改善に効果的な入浴法には、いくつかポイントがあるのです。午前中...
低体温を改善するストレッチ
お金と時間をかけずに低体温を解消しよう! 低体温は、健康だけではなく美容も損なう元凶!重大な病気になってしまったり、お肌を老化させてしまったりする前に、体温を上げて低体温を解消しましょう。低体温に効果的な方法をネットで検索すると、食事の改善や運動、入浴、漢方、サプリメントなど様々な方法がヒットします。しかし、いずれも「よーし、やるぞ!」という気合が必要ですよね(汗)。その点、お金も時間もかけずに今すぐ気軽に始められるのが、ストレッチ。運動の前にストレッチをすると怪我を予防できるとはよく言われま...
低体温を改善するサプリメント
“冷え”の解消に効果的なサプリメント 運動不足による筋力の低下や、偏った食生活による栄養バランスの乱れ、空調に守られ過ぎた日常生活…。現代人は、自分で自分の体温をコントロールする力が弱りがちです。実際、子供から大人までの幅広い層に“低体温”の方が増えているのはみなさんもご存知でしょう。低体温は、体調がすぐれないばかりではなく気力・やる気までも低下させてしまうため、仕事や日常生活にも少なからず影響を及ぼします。本来は、「生活習慣を見直して低体温を改善しよう!」という姿勢が理想的なのですが、忙しく...
正しい睡眠で低体温を改善しよう
あなたの睡眠時間は何時間? みなさんの平均睡眠時間はどのくらいでしょうか?朝早く出勤して夜中まで残業…という過酷な毎日を送っている方の中には、「3〜4時間」という方も珍しくはないでしょう。確かに、仕事に忙殺されると、最初にしわ寄せがくるのは睡眠の時間です。寝る時間を削ることくらいしか、1日を長くする方法はありませんよね(笑)。しかし、医学的に「健康に良い」とされているのは1日7時間以上の睡眠。ノンレム睡眠→レム睡眠→ノンレム睡眠の1サイクルが90分ですから、これを4サイクルほど繰り返すのが理想...
テレビで取り上げられた低体温改善法
ためしてガッテン 冷え性や低体温が原因で身体の不調を訴える方が増えているという昨今、テレビでも、“低体温”は度々題材にされています。例えば、NHKの人気テレビ番組「ためしてガッテン」では、低体温のメカニズムやリスクを徹底解析!突然死と低体温の関連性や、冷え性と低体温の違いについても触れられていました。低体温の改善法についても紹介されており、例えば血管収縮の命令を出す“交感神経”の機能低下が原因で起こる低体温については、“若年・中年向け”と“高齢者向け”に分けて改善法を紹介しています。若年・中年...
低体温に効くツボ
そもそも、ツボとは?何かと自律神経のバランスを乱しがちな現代社会。自律神経は体温を保つ上でも重要な役目を果たしていますので、結果として体温の調整に支障をきたしてしまいます。そのため、近年は低体温の状態に陥っている方が増えているのです。冷えや低体温は、この自律神経を整えて血液の循環を促すことで改善することができますが、食生活を改善したり運動時間を増やしたり睡眠時間を増やしたり…と、生活習慣パターンそのものを変える必要があります。「それはちょっと難しいよ!」という方にご紹介したいのが、ツボ押し。ツボ...
低体温。受診するなら何科?
低体温は病気ではない 「身体が冷えて、眠れない」「寒くてやる気が出ない」「気力がわかない」「しょっちゅう風邪を引くし、常に体調がすぐれない」…平熱が36度を下回る“低体温”は、日常生活に様々な支障をきたします。しかし、低体温は病気ではないため、何科を受診しても適切な処置を受けることができないケースが多々あります。低体温は、東洋医学で言うところの“未病”の状態。いわば、病気になる一歩手前です。しかし、病気ではないからといって低体温を甘く見ていると、やがて重篤な病気を発症する事態にも成りかねません...